債務整理用語 さ行

サラ金【さらきん】
いわゆる消費者金融業者のこと。
「サラリーマン金融」の略語。
自己破産【じこはさん】
債務者自らが裁判所に破産の申し立てを行うこと。
個人の場合、破産の申し立てにあわせて免責申し立てをし、裁判所から免責の決定が受けられた場合は債務の返済義務が免除、つまり借金がなくなります。→ 解説ページ
システム金融【しすてむきんゆう】
金融業者が複数のダミー会社を作り、次々に小切手を担保に高金利で融資をするヤミ金融のこと。
担保に取った小切手の支払期日が近づくと別会社を装って一時しのぎの返済をさせ、これを繰り返す。短期間のうちに債務額が膨大となり破綻するケースが多い。
住宅ローン特則【じゅうたくろーんとくそく】
個人再生を利用する中で、住宅ローンの返済が困難な人が利用できる手続きとして「住宅ローン特則」(住宅資金貸付債権に関する特則)があり、利用するには条件があります。
例えば、『個人の居住用住宅であること』『住宅ローンの債権者または保証会社の抵当権のみが設定されていること』などあり、適用要件すべてをクリアしないと利用できません。(詳しくは弁護士・司法書士に相談してみてください)
商工ローン【しょうこうろーん】
中小企業やその経営者を対象に、高金利で融資する金融業者。根保証人や手形等を担保に取って高金利で融資します。
厳しい取り立て等、商工ローンの融資が社会問題となったため、貸金業法改正後、取り立て行為の規制強化、保証人に対する書面交付の義務付けが行なわれました。
紹介屋【しょうかいや】
自社では貸せないが、貸してくれるところを紹介すると持ちかけ、手数料として融資額の2~5割を請求してくるヤミ金のひとつ。
最初から他所を紹介するとは言わず、低金利・審査なし(もしくは、あまい)、即日振込などと広告をうち、引っかかった人の個人情報を聞き出します。
審査するふりをしながら実際は「自社で貸せないので他所を紹介する」という流れになります。
以前は消費者金融を紹介していたのですが、最近では街金やヤミ金自身が紹介屋も兼ねているケースもあります。
整理屋【せいりや】
法外な手数料を取って複数の債務を一本化する、あるいは整理したように見せかける悪徳業者、ヤミ金のひとつです。
多重債務者に対し「借金を整理する」と持ちかけ、高額な手数料をとったり、返済金をだまし取るなどをします。
また弁護士の名義を借り着手金だけとるような手口もありますので注意が必要です。

アヴァンス法務事務所に返済の悩みを相談

借金問題の解決方法は、任意整理、個人再生、自己破産 などいろいろな手段があります。
アヴァンス法務事務所では、お話頂いた内容から一番最適な解決方法をご提案いたします。
全国対応、相談無料、24時間受付

多重債務も解決! アヴァンス法務事務所 公式サイトはこちら

債務整理の身近な窓口 岡田法律事務所

土日や全国からのお問い合わせにも最大限対応!
岡田法律事務所は、弁護士がお悩みを真正面から親身になってご相談をお受けいたします。
適切な解決方法を提案し、丁寧にご説明いたします。

弁護士が対応! 岡田法律事務所 公式サイトはこちら