グレーンゾーン金利って何?

「利息制限法」で決められている金利の上限を超過して「出資法」で決められた金利の上限までの利息の幅が「グレーゾーン金利」と呼ばれています。

利息制限法の上限金利は15~20%(以前は超えても罰則なし)
出資法は29.2%(超えると罰則あり)
貸金業法以前は多くの貸金業者(特に消費者金融)はこのグレーゾーン金利で貸し付けていました。
ですから、現在法定金利で引き直し計算を行った際に、グレーゾーン金利で借りていた人の多くに過払い金が発生しています。

まだ返済中の人では残りの借金額が減る可能性もありますし、すでに支払い終えた人でも10年経っていなければ、返還請求をすることで過払い金が戻ってくる可能性があります。
「もしかして自分も過払い金があるかも?」と思ったら、司法書士や弁護士の無料相談を利用してみてはいかがでしょうか?

アヴァンス法務事務所に返済の悩みを相談

借金問題の解決方法は、任意整理、個人再生、自己破産 などいろいろな手段があります。
アヴァンス法務事務所では、お話頂いた内容から一番最適な解決方法をご提案いたします。
全国対応、相談無料、24時間受付

多重債務も解決! アヴァンス法務事務所 公式サイトはこちら

債務整理の身近な窓口 岡田法律事務所

土日や全国からのお問い合わせにも最大限対応!
岡田法律事務所は、弁護士がお悩みを真正面から親身になってご相談をお受けいたします。
適切な解決方法を提案し、丁寧にご説明いたします。

弁護士が対応! 岡田法律事務所 公式サイトはこちら