個人再生の流れ

個人再生の手続は、基本的に専門家なしに自分ひとりで行うには非常に難しいです。
ここでは弁護士や司法書士に依頼した場合の流れを説明します。

  1. 依頼した専門家が債権者へ受任通知を発送
    取り立て・返済がストップします
  2. 債権者(貸金業者など)から開示された取引履歴をもとに法定金利での引き直し計算を行う。(過払い金が発生している場合は返還請求へ)
  3. 必要書類の準備や申立書類の作成・提出
  4. 再生委員との面談・再生手続開始決定
  5. 債権届出異議申立
    債権額(借金の残額)が決定される前に意義がある場合は異議を述べることができます。
  6. 債権総額確定
  7. 再生計画案の提出
  8. 書面による決議
    小規模個人再生では、裁判所から各債権者に再生計画案と議決書が郵送され書面決議が行われます。給与所得者等再生では債権者の決議はなく意見聴取が行われます。
  9. 再生計画の認可決定
  10. 再生計画案に沿った返済開始

アヴァンス法務事務所に返済の悩みを相談

借金問題の解決方法は、任意整理、個人再生、自己破産 などいろいろな手段があります。
アヴァンス法務事務所では、お話頂いた内容から一番最適な解決方法をご提案いたします。
全国対応、相談無料、24時間受付

多重債務も解決! アヴァンス法務事務所 公式サイトはこちら

債務整理の身近な窓口 岡田法律事務所

土日や全国からのお問い合わせにも最大限対応!
岡田法律事務所は、弁護士がお悩みを真正面から親身になってご相談をお受けいたします。
適切な解決方法を提案し、丁寧にご説明いたします。

弁護士が対応! 岡田法律事務所 公式サイトはこちら