自己破産の流れ

まず自己破産の申し立て(破産開始の申し立て・免責許可の申し立て)を行います。
必要書類に間違いのないよう記載し、添付書類と一緒に管轄する地方裁判所に提出します。提出書類に不備があると受理されないので、間違いがあると何度も裁判所へ行かなければならなくなりますので注意が必要です。

裁判所のチェックが最大の難所

裁判所ではこの書類を確認し、どこか記入漏れがないか、間違っていないか、足りない書類がないかなど、厳しくチェックします。

この裁判所での書類チェックで通るかどうかが自己破産の難所でもあるといえます。ここをクリアできればほぼ破産申請に成功したものと考えられます。

提出書類のチェックが完了し問題なければ、1~2ヶ月後、破産の審尋(しんじん)が行われます。

破産手続開始決定

審尋では裁判官から免責不許可事由に当たらないか簡単な質問を受けます。
問題がなければ、数日後、破産手続きの開始となります。
換価できるほどの財産があれば破産管財人が選定され管財事件となり、財産がなければ同時廃止となります。

その後、免責の審尋に移り、免責不許可事由がなければ債務(借金)の支払いが免除されます。(官報に記載されます)

アヴァンス法務事務所に返済の悩みを相談

借金問題の解決方法は、任意整理、個人再生、自己破産 などいろいろな手段があります。
アヴァンス法務事務所では、お話頂いた内容から一番最適な解決方法をご提案いたします。
全国対応、相談無料、24時間受付

多重債務も解決! アヴァンス法務事務所 公式サイトはこちら

債務整理の身近な窓口 岡田法律事務所

土日や全国からのお問い合わせにも最大限対応!
岡田法律事務所は、弁護士がお悩みを真正面から親身になってご相談をお受けいたします。
適切な解決方法を提案し、丁寧にご説明いたします。

弁護士が対応! 岡田法律事務所 公式サイトはこちら